多摩市多摩センターの整体「からだ回復院」

院長ブログ

15キロ走破?
 
今朝、あまりにも天気が良かったので、
仕事前にジョギングしました!

ランニング計測アプリを起動して、
15キロにセット!

自宅から多摩中央公園に行き、
公園内を11週?

緑の多い中でのジョギングは最高です。

超久しぶりだったので
無理をせずに、走ったり、歩いたり、歩いたり..........

半分以上は、歩いていました(笑)

なんとか15キロは完走?完歩?

明日は筋肉痛間違いなし!!!


やっぱ、
空気のきれいな早朝ジョギング&ウォーキングは気持ちいい〜ですね。


投稿者 からだ回復院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
睡眠中に何度も呼吸が止まる。
 
本人はまったく気づかない。
睡眠中に何度も呼吸が止まってしまう。

日中の強い眠気やだるさ、
起床時の頭痛といった症状が出ることもあります。

睡眠時無呼吸症候群。

睡眠中に喉の空気の通り道がふさがって、
一時的に息をしていない状態になる病気です。

病院での診断は、
10秒以上呼吸が止まる無呼吸、
呼吸が弱くなる低呼吸が、
1時間当たり5回以上繰り返され、
日中に強い眠気や居眠りなどの症状がある場合です。

特に怖いのが、
居眠り運転、
脳卒中や心筋梗塞などの合併症を引き起こすことです。

自分では気づきにくい病気なので、
「いびきが大きいか」「息が止まっているか」など、
ご家族の方に聞いてみてください。

投稿者 からだ回復院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
尿酸の排泄を促進させよう!

尿酸の尿への排泄を促すために、
水・お茶・などで1日2リットルの水分を摂りましょう!

散歩、軽いジョギング、水泳などの有酸素運動は、
尿酸の排泄を促進します。
1日30分程度の運動を習慣づけましょう。

しかし、
ウエイトトレーニングのような負荷の大きい無酸素運動や
激しい運動は、逆に尿酸値を上げてしまうので注意しましょう。

薬には出来るだけ頼らず、
まずは生活習慣を改善して、
健康寿命を延ばしましょう!
投稿者 からだ回復院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
関節に激痛を起こす痛風。
尿酸は、水に溶けにくく、結晶化しやすいので、
血液中に著しく増えると、溶解しきれない尿酸が、
関節などで尿酸塩となり、結晶を作ります。

この結晶を排除しようとして、
白血球が集まり、
関節に炎症が起こり、激しい痛みと腫れが出てきます。

これが痛風(痛風関節炎)です。

一番多い場所は、足の親指の付け根。
それ以外でも、足の甲、かかと、膝、肩、肘、手の指などの関節に出ます。

8

炎症を何度も繰り返すと、
骨や関節の変形につながるので、
ご注意ください!

投稿者 からだ回復院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
高尿酸血症が若い世代で増えている。
高尿酸血症は、
血液中に「尿酸」という物質が過度に増えた状態です。

生活習慣病の入り口とも言われ、
糖尿病や高血圧、脂質異常なども合併しやすい病気です。

最近では、20代~30代の男性が増えているそうです。

尿酸は、プリン体から毎日一定量が作られ、
ほぼ同じ量が排泄されています。

プリン体は、細胞の核の中にある物質で、
体内で作られるプリン体は、7~8割、
食品から摂取するプリン体は、2~3割です。

これらのプリン体が、肝臓などで代謝されて、
尿酸が作られます。

尿酸の産生と排泄のバランスが崩れて、
血液や関節液に過剰に溜まると、
尿酸値が高くなります。

原因は、食生活と運動不足です!

高カロリーで、プリン体や糖質多い食事が増えた一方、
運動不足で尿酸の排泄が低下しているためです。

ご注意ください!


投稿者 からだ回復院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
7
         
問い合わせ
※電話番号をタップすると電話がかかります。