多摩市多摩センターの整体「からだ回復院」多摩市、稲城市、八王子市 土日・祝日営業

坐骨神経痛などのつらい痛み・しびれから解放されたいあなたのための整体院です

多摩市多摩センターの整体「からだ回復院」多摩市、稲城市、八王子市 土日・祝日営業

0120034976 0423734976 メール
土日祝日も営業

坐骨神経痛

お尻・太もも・ふくらはぎ・足裏の痛み、シビレで悩まされていませんか?

坐骨神経痛でお困りの方へ


• お尻の痛み、シビレ
• 足の付け根(股関節)に痛みがある
• 太ももがつっぱる、痛み、シビレがある
• ふくらはぎがつっぱる、痛み、シビレがある
• 足首からすねに痛み、シビレがある
• 足裏に痛み、シビレ、ぶつぶつ感がある

このような症状は「坐骨神経痛」と呼ばれます。

「坐骨神経」というのは、お尻から足裏にかけて走る神経で、このどこかに問題があるとお尻・太もも・ふくらはぎ・足裏にかけて痛みやシビレを引き起こします。

坐骨神経痛は、主に腰痛が悪化した結果として出てくる症状です。最初は、腰痛から始まり、次第にお尻や太もも・ふくらはぎに張りが出てきて、足の痛み、シビレになり、最後には足の感覚が鈍くなり、麻痺、痙攣というよう状態になってしまいます。

坐骨神経痛の原因は、レントゲンではわからないので、病院では鎮痛薬やシップが処方され、「安静」にしてください!と言われます。坐骨神経痛は、安静にしていても良くなりません。積極的な根本治療が必要になります。

坐骨神経痛の原因は、腰痛や腰椎椎間板ヘルニアなどが原因と言われています。一般的にはそれらに対して、温熱療法、マッサージ、牽引、薬物療法という治療をします。 痛みが強い場合は、ブロック注射をうつこともあります。一時的には楽になりますが、時間が経つとまた痛み、シビレがでてきます。残念ながら、これらで坐骨神経痛の原因を速やかに解消することは出来ません。

病院でおこなわれる坐骨神経痛の主な治療

マッサージ

腰、痛みやシビレのある太ももやふくらはぎをマッサージすることがありますが、一時的に楽になるようなことはあっても根本的には治りません。坐骨神経痛は症状です。マッサージで筋肉だけをゆるめても、根本的原因を取り除かないと痛みやシビレは解消されません。

物理療法

患部を温めて血行を良くし、こわばった筋肉を改善しようとする温熱療法。腰椎の間隔を広げ、椎間板の圧迫を軽減しようとする骨盤牽引などがあります。ただし、医師によっては牽引には効果がないという人もおり、そういった治療を行わない病院もあるそうです。

コルセット

コルセットをつけることで骨盤を安定させ、腰への負担を軽減させます。一時的に楽になる感じがありますが、痛みの原因を改善するわけではありません。コルセットをつけることで楽になるなら、お仕事の時だけなど必要最小限に装着して、腰への負担を軽くしましょう。

運動療法

腹筋や背筋を鍛えたり、ストレッチしたりする方法です。筋肉が弱いからといって、急に筋トレをしたり、筋肉が硬くなっているからといって急にストレッチをしたりと、運動療法を指導するところもあるようですが、無理に筋トレやストレッチをすることで骨盤や筋肉に負担がかかり、坐骨神経痛の症状が悪化するケースもあるので気をつけましょう。

内服療法

坐骨神経痛で用いられる薬は、「消炎鎮痛剤」「筋肉弛緩剤」「血管拡張剤」などがあります。
・消炎鎮痛剤(アスピリン、バファリン、ロキソニンなど)
痛みと炎症を同時に抑えます。最近では副作用の少ないとされる、非ステロイド性鎮痛剤が用いられることが多くなっています。
体質に合わない薬を処方されることもありますので、「胃痛」「下痢」「発疹」などの副作用が現れたら、速やかに医師に相談しましょう。
・筋肉弛緩剤(ミオナール、アロフト、テルネリンなど)
こわばってしまっている筋肉をやわらげるための薬です。消炎鎮痛剤とセットで使用されることが多いです。
・血管拡張剤(プロレナール、オパルモンなど)
血の巡りをよくするための薬です。痛みの改善効果で処方されます。

ブロック注射

ブロック注射とは、神経そのもの、もしくは神経のまわりに薬を投与します。脊柱の付け根の部分である馬尾を包んでいる硬膜に薬を注入する「硬膜外ブロック」があります。下肢が痛い、間欠跛行(かんけつはこう。休み休みでないと歩けないこと)の患者さんに主に投与されます。

手術

脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが原因で、坐骨神経痛がでていると判断された場合は、「手術」をすすめられることもあります。

坐骨神経痛を引き起こす3つの原因

• 筋肉が硬くなっている(腰痛、梨状筋症候群など)
• 骨盤、腰椎のゆがみやズレ
• 脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、すべり症、分離症の症状

このような原因で坐骨神経痛がでます。

筋肉が硬くなって坐骨神経を圧迫している(腰痛、梨状筋症候群など)

坐骨神経痛の原因として特に多くみられるのは、腰痛が悪化して坐骨神経痛がでるというケースです。腰痛という自覚症状がなくても、腰の状態が良くないまま、腰に負担をかけ続けた生活していると、筋肉が硬くなって腰の骨に負担をかけます。また身体のバランスが崩れてゆがみをつくってしまいます。その結果、坐骨神経痛という「痛み」「シビレ」などの症状がでてきます。

骨盤、腰椎のゆがみやズレ

座り方、立ち方など姿勢が悪い、骨盤や腰椎、股関節に過剰に負担をかける仕事や運動、骨盤、腰椎がゆがむような生活動作をしていると、骨盤、腰椎にズレが生じて坐骨神経痛という「痛み」「シビレ」などの症状がでてきます。

脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、すべり症、分離症の症状

腰に問題がある腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニアなどの症状として坐骨神経痛がでます。病院でレントゲンを撮って腰部に異常がみられるものなので、坐骨神経痛の原因としてはわかりやすいものです。

当院での坐骨神経痛の施術ポイント

当院が行う坐骨神経痛の施術は、坐骨神経痛を引き起こしている「筋肉のこり」や「骨格のゆがみやズレ」を改善していきます。痛みがある部分を揉んだりせずに、根本原因を改善して、動きやすいバランスのとれた健康なからだにしていきます。

・骨格、筋肉を正しい動き、状態に戻すこと
・身体を正しく使えるようにすること

この2点が回復するために大切です。痛み、シビレがでているところに原因があるわけではなく、「筋肉のこり」や「骨格のゆがみやズレ」が原因で、坐骨神経の通り道である部分に痛み、シビレとして現われているのです。

当院では、
• 背骨(胸部・腰部)、骨盤のゆがみやズレの調整
• 足(股関節、膝、足首)の調整
• 手(肩、肘、手首)の調整
• 頭蓋骨の調整
• 内臓の調整
• セルフケアの指導

これらによって骨格、筋肉、関節、内臓を調整していきます。患者さんから、当院の整体は「やさしい施術で楽になる」と言われています。

強く揉んだり、ボキボキしたりは一切行わない整体なので、お身体の弱い方、ご年輩の方、お子さん、妊婦さんでも安心して受けられます。

背骨(胸部・腰部)、骨盤のゆがみ、ズレの調整
背骨・骨盤のゆがみはさまざまな不調の原因になります。背骨・骨盤も本来の動きを取り戻すように調整していきます。背骨・骨盤を整えていくことで過緊張状態にある筋肉がゆるみ、坐骨神経痛が改善されていきます!

足(足首、膝、股関節)の調整
坐骨神経痛で悩まれる方は足元に安定性がありません。重心が崩れ、足の着き方が悪い、膝が捻じれている(内股・O脚など)ことが原因で、骨盤、腰椎にゆがみをつくり坐骨神経痛を引き起こしています。足裏が地面にしっかりつける、真っ直ぐ立てるように足を調整していきます。坐骨神経痛だけではなく外反母趾や足底筋膜炎、膝痛、股関節痛も一緒に改善されていきます。

手(肩、肘、手首)の調整
指や手首、肘、肩を調整するだけで背中や腰が楽になります。パソコン作業など手先を使うことが多い方は、腕(指・手首・肘)、肩が捻じれて、本来できる動きができなくなり、その影響で背中や腰の筋肉が硬くなっています。指先から肩まで調整してくことで、背中や腰の筋肉がゆるみ坐骨神経痛が改善されていきます。肩こりや背中の張りだけでなく、腱鞘炎やテニス肘などの肘痛なども一緒に改善されていきます。

頭蓋骨の調整
目が疲れていたり、頭皮がガチガチに硬くなっていたり、頭が重く感じる人は全身もガチガチに硬くなっています。優しく丁寧に頭に触れてゆがみを改善することで、過緊張状態にある全身の筋肉がゆるみ、坐骨神経痛が改善されていきます。首のこりや目の疲れ、頭痛も改善されていきます。

内臓の調整
腰痛、坐骨神経痛で悩まれている方はお腹が硬くなっていて、便秘やガスがたまっている「腹部膨満感」になっていることが多いです。お腹の筋肉をゆるめていくと、背中や腰の筋肉がゆるみ、坐骨神経痛が改善されていきます。内臓が動きはじめるので便秘などの不調も改善されていきます。

セルフケアの指導
日常生活の注意点、あなたに合ったセルフケアなど、親切・丁寧に指導します。簡単なのに効果的なのでとても喜ばれています。

日常生活での注意点

坐骨神経痛を予防するために、日常生活で気を付けてほしいことがあります。
からだに良い事をすることはもちろん必要ですが、「悪い事をしない」という事も重要になってきます。「坐骨神経痛」で大事なことは治療よりも予防です。

坐骨神経痛になりやすい悪いこととは・・・

• 裸足や薄着での生活
• 足を組んで椅子に座る
• 女の子座り・手枕をする
• 首や腰をボキッと音を鳴らす
• 湯船につからずシャワーのみ
• 暴飲暴食
• 睡眠不足
• 過剰な運動やストレッチ

日常生活での注意点を守って、つらい坐骨神経痛を予防しましょう。

×裸足や薄着での生活

冷えは坐骨神経痛を誘発します。特に下半身は暖かくしましょう。冬場やエアコンを使う夏場は、特に多くなるので気を付けましょう。

×足を組んで椅子に座る

足を組んで座ると骨盤、背骨が大きくゆがみます。からだのゆがみは血管や神経を圧迫し、坐骨神経痛を誘発します。あらゆるところに負担がかかる座り方のため、様々な不調の原因にもなりますので気を付けましょう。

×女の子座り・手枕をする

女性特有の正座を崩した座り方「女の子座り」は骨盤、股関節に負担がかかるのでやめましょう。また雑誌を読む、テレビを見る際に手枕をして横になる姿勢は、首や背骨にものすごく負担がかかるのでやめましょう。

×首や腰をボキッと音を鳴らす

自分で勢いよく首や腰を捻り、「ボキッ」と音を鳴らす人がいます。なんとなくスッキリした感覚になるのですが、神経を傷つけ、靭帯や筋肉を痛める可能性が高いのでやめましょう。

×湯船につからずシャワーのみ

筋肉の疲れをできるだけ解消するためにもシャワーだけで済まさずに、湯船にゆったりとつかるようにしましょう。

×暴飲暴食

内臓疲労は腰痛の原因になるので、深夜の食事や大酒は控えるようにしましょう。

×睡眠不足

人は寝ている時にからだを回復させます。これはどんな症状でも言えることですが、睡眠不足だとからだが元気になってくれません。また、横になることで負担を軽減することができますので、横になる時間を増やしましょう。

×過剰な運動やストレッチ


過剰な運動やストレッチは骨盤、腰椎、股関節に負担をかけて、腰痛、坐骨神経痛、股関節痛を引き起こします。さらに痛みを我慢して運動やストレッチすることは、良くならないばかりか悪化させてしまうことがありますので注意しましょう。

当院が坐骨神経痛の整体療法で選ばれる理由


当院の整体は、一般的な整体と違っています。整体というと「ボキボキと音を鳴らしながら矯正する」強い刺激と思われがちですが、当院の施術は「体がゆるんで楽になる」といわれるようにやさしい整体です。強く揉んだり、ボキボキしたりは一切行わない整体なので、お身体の弱い方、ご年輩の方、お子さん、妊婦さんでも安心して受けられます。

あなたを悩ませている坐骨神経痛は、「なぜ痛いのか?」「どのような生活習慣がいけないのか?」「予防方法はあるのか?」など、あなたの疑問にお答えします。どんな些細なことでも構いませんのでお尋ねください。

坐骨神経痛でお困りの方へ

1、骨格のゆがみを取ること
2、関節の動きを良くすること
3、筋肉のバランスを整えること
4、内臓の位置を整えること

坐骨神経痛の原因になっている【骨格のゆがみやズレ、筋肉バランス】を改善することで、血液や神経の流れも良くなり、からだの機能が正常に働き、症状を改善させます。自然治癒力も向上し、様々な不調が改善され、あなた本来の健康を取り戻せますよ!

【追伸】
坐骨神経痛で悩まれて当院に来院される方は、病院や何件もの整体・整骨院へ通われていた方ばかりです。

病院で「レントゲンに異常がみられない」「原因がわからない」と言われた坐骨神経痛は整体で楽になる可能性が非常に高いです。

薬や注射で一時的に痛みは抑える事ができても、その場しのぎで一時的なものになってしまいます。

「もう坐骨神経痛で悩みたくない」という方は、ぜひ当院へご相談ください。

そのつらい痛み、不安を一緒に解決しましょう!

2017.9.9 2017.9.28

症例カテゴリー: 背中・腰

営業時間

からだ回復院 多摩市落合2-20-4(多摩センター)当院裏に駐車場完備 アクセス>>

坐骨神経痛でお悩みのあなたへ