多摩市多摩センターの整体「からだ回復院」

なぜ治らない!?の秘密

なぜ治らない!?の秘密
肩コリ、腰痛、首や背中のコリは揉んでも、叩いても、押してもいけません!
「凝っている」ってどんな状態?

コリと言うのは、筋肉内に疲労素が溜まって筋肉が膨張した状態です。筋肉内の血管は充血して、ちょうど満員電車状態です。それを押したり揉んだりすれば、筋肉内の毛細血管が破れますから「揉み返し」になりやすい訳です。

「押す、揉む、叩く」の弊害
施術の様子

「コリを強く押してもらって気持ちがよい」と言うのは、「痒いところを思い切り掻いてもらって気持ちが良い」というのと同じです。しかし、それで治るわけではありません。
「イタ気持ちいい」と思っても、からだはその刺激を危険だと認識します。

ペンだこが出来たり、カカトの皮膚が硬くなったりするように、刺激を受け続けるうちに、からだはその刺激から身を守ろうとして防衛反応を起こし、からだを硬くさせます。肩や首、背中や腰なども同様に硬く変化していきます。 

そして、からだは刺激に慣れてしまい、だんだんと刺激が物足りなく感じるようになります。刺激が物足りなく感じれば、もっと強い刺激を求めます。すると、からだは防御体制をさらに強め、さらに硬くなります。

刺激が強くなればなるほど押してもらいたい欲求が強くなります。押してもらいたいと思う間隔も最初は1ヶ月に1回程度ですが、やがて1週間に1回になり、気が付くと毎日押してもらいたくなります。
いつまで経っても、悪循環が続き、その辛いコリや張りから開放されません。

だから、揉んでも、叩いても、押してもいけません!
悪循環イメージ図
痛み・シビレの根本的原因
なぜからだは歪みや痛みがでるのか?

高層マンションはなぜ地震に遭いながらも倒れないのでしょうか?
それは、土台がしっかりとしているからです。人間のからだも同じです。

☆高層マンション土台がしっかりしている崩れない
☆人間のからだ骨格が歪んでいない痛みは出にくい

骨格が歪まないように、関節や筋肉が骨格のバランスを調整しています。しかしながら、からだは疲労や外傷によってバランス調整がうまく出来なくなり、歪みやズレが生じてきます。例えば:姿勢が悪いと骨格は歪みます。しかし筋肉はバランスを取ろうと一生懸命頑張ります。そんな状態が何時間も続けば、やがては筋肉も疲れ果てて歪みを調整出来なくなり、血管や神経を圧迫し痛みやシビレが出やすくなります。

だから、筋肉を整え骨格の歪みや関節のズレを解消することが大切です!
身体が歪む原因はさまざまですが、主なものは次のとおりです。
  1. 生活習慣によるもの・・・姿勢の悪さ(足を組むクセがあるなど)、長時間同じ姿勢をとっている、左右のバランスを欠いたスポーツをしているなど
  2. 外力によるもの・・・打撲、転倒、交通事故など
  3. 精神的影響によるもの・・・極度の緊張、ストレス、精神的ショックなど
  4. 化学的影響によるもの・・・薬物の乱用・副作用、偏った栄養など、
    からだリセット療法は、これらの影響で起こっている身体の歪みを改善に向かわせます。

  5. ※結果には個人差があり、成果を保証するものではありません。
問い合わせ
※電話番号をタップすると電話がかかります。